MENU

auオンラインショップでデビットカード払いはできる?利用方法・条件をチェック。

本記事のリンクにはアフィリエイト広告が含まれています。

ネット通販で最新スマホをチェック!
Amazon公式サイトはこちら
楽天市場公式サイトはこちら
イオシス公式サイトはこちら

auのオンラインショップで頭金なしで快適にスマホを購入することができます。支払い方法としては、クレジットカード決済と代金引換から選ぶことができます。

しかし、支払いにクレジットカードではなくデビットカードを利用したいという人も多いようです。

auのオンラインショップでもクレジットカードと同じようにデビットカードで支払うことができるのかはとても気になりますよね。

この記事では、auオンラインショップでのデビットカードの申し込み方法や利用条件などについてまとめてみました。

結論から言うと、auオンラインショップでのデビットカード決済は問題なくできます。

クレジットカードを持っていなくても、15歳以上であれば誰でも審査なしで作れるデビットカードで電話料金を支払うことが可能です。

目次

auオンラインショップはデビットカード払い可能

auオンラインショップの「特定商取引法に関する表記」のページに、商品の支払い方法がまとめられています。

記載されている支払い方法は、クレジットカード・代金引換のみ。

デビットカード決済についての記載はありません…。

しかし、auのFAQページには「デビットカードでの支払いはできますか?」という質問が掲載されています。

→ au-「料金の支払いに、デビットカードは利用できますか?」

この質問への回答は下記になります。

はい、VISAデビットカード・JCBデビットカード・JCBプリペイドカード がお支払いにご利用いただけます。

■引き落としタイミングについて
デビットカードでのお支払いをお申込みいただいた場合、ご請求情報の開示前にお客さまの口座より引き落としされる場合がございます。 
なお、引き落とし時期は、WEB de 請求書の発行日によって異なります。

「WEB de 請求書」の発行日が毎月3日頃のお客さま: 毎月4日~9日頃の引き落とし
「WEB de 請求書」の発行日が毎月8日頃のお客さま: 毎月8日~11日頃の引き落とし
「WEB de 請求書」の発行日が毎月12日頃のお客さま : 毎月12日頃の引き落とし
「WEB de 請求書」の発行日が毎月19日頃のお客さま : 毎月18日~21日頃の引き落とし

※一部VISAデビットカードの引落日は、上記スケジュールと異なります。

■「WEB de 請求書」はこちらからご確認ください。
▼WEB de 請求書 (auIDでのログインが必要です)

質問ID:k20000000705 2019年6月12日時点の情報を元に作成されたQ&Aです

冒頭で “はい、VISAデビットカード、JCBデビットカード、JCBプリペイドカードでお支払いいただけます “と書いてあります。

auはデビットカードが使えることを公式に認めているということです。

デビットカードは、クレジットカードと同様にauショップやauオンラインショップで利用できるんです。

auオンラインショップではクレジットカードと代金引換の2つの支払い方法しか記載されていませんが、クレジットカードの情報を入力する画面でデビットカードの情報を入力することで、デビットカードを利用することができます。

クレジットカード以外で利用できるカードは3種類ある

auが公式に発表している、オンラインショップで使えるカードは以下の3枚です。

  • VISAデビットカード
  • JCBデビットカード
  • JCBプリペイドカード

VISAデビット・JCBデビットが使える

VISAやJCBのブランドマークが付いたデビットカードを利用することができます。

mastercardなどのVISA、JCB以外のブランドのデビットカードは利用できないのでご注意ください。

Jデビットは利用不可

Jデビットとは、銀行や信用金庫などの金融機関で発行されたキャッシュカードをデビットカードとして利用して支払いをすることができるサービスです。

意外と知らない人が多いのですが、普段何気なく使っているキャッシュカードの中には、デビットカードとして使えるものもあります。

ただし、これらのカードはauオンラインショップでは使用できません。

JCBプリペイドカードは利用できる

使えるブランドはJCBのみですが、auのオンラインストアではチャージ式のプリペイドカードでの支払いも可能です。

ドコモではプリペイドカードが使えないので、非常に珍しいことです。

デビットカードは15歳以上を対象としていますが、プリペイドカードは親の同意があれば12歳以上でも作れるものもあります。

若い方はデビットカードよりもプリペイドカードの方が作りやすいかもしれません。

デビットカード払いをする時の注意点

デビットカードは、15歳以上であれば、カード会社の審査を受けずに誰でも持つことができるのが特徴です。

そのため、デビットカードでauで申し込む際には、その契約者に支払い能力があるかどうかをauがより厳しく審査しなければなりません。

しかし、いくつかのポイントを押さえておけば、デビットカードで申し込むことは可能です。

審査に通りやすくなる3つの注意点を見ていきましょう。

(1) 申込者と同一名義のデビットカードを利用すること

通信キャリアや格安SIMを申し込む際には、必ず契約者と同じ名前のカードを使用しなければなりません。

これはデビットカードでも必ず守らなければならないポイントです。

必ず契約者と同じ名義のデビットカードを利用するようにしましょう。

(2) 2~3ヶ月分の口座残高を

口座残高が少なすぎると審査落ちする可能性が高くなります。

最低でもau料金の1ヶ月分は残高がないと、審査に通るのは難しいでしょう。

できれば、2~3ヶ月分のお金は口座に入れておきたいところです。

自分の口座にどれくらいのお金が残っているのか、申込前に確認しておきましょう。

(3)支払いの実績がある

auに申し込む前に、支払いの実績があるかどうかを確認しておくことも大切です。

使ったことのないデビットカードは審査に通りにくくなる傾向があります。

少額であっても一度はコンビニでデビットカードの支払いをしたことがあるかどうかを確認しておきましょう。

これら3つの注意点を押さえておけば、ばっちりです。

ただし、もう一つ注意しなければならない点がありますので、それについては次の段落で書いていきます。

月額料金の引き落とし非対応のデビットカードは避ける

クレジットカードに比べて簡単に作ることができるデビットカードは料金滞納などのトラブルを避けるために、電気・水道などの公共料金や電話の月額料金などの月次決済に対応していないものもあります。

月次決済とは毎月決まった日に必ず請求が発生する料金の決済です。

なのでauをデビットカードで契約するときは、月次決済に対応しているものを選びましょう。

現在、公式に月次決済に対応しているデビットカードは、「楽天銀行デビットカード」「JNB Visaデビット」「SURUGA Visaデビットカード」などがあります。

他にも「三菱UFJ-VISAデビット」「セブン銀行デビットカード」「住信SBIネット銀行デビットカード」「ソニー銀行デビットカード」「イオン銀行VISAデビット」なども月次決済が可能なようです。

auで決済するにあたって手堅く行くなら、公式に月次決済が可能なことを明記している「楽天銀行デビットカード」「JNB Visaデビット」「SURUGA Visaデビットカード」がおすすめです。

支払い能力が認められてauの審査を通過するような人でも、月額料金の支払いに対応してないデビットカードしか持っていなければ契約はできません。

手持ちのデビットカードは月次決済に対応しているのかしっかり確認しましょう。

ネット通販で最新スマホをチェック!
Amazon公式サイトはこちら
楽天市場公式サイトはこちら
イオシス公式サイトはこちら
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる